風雪よよよ旅

大衆演劇 旅芝居 寄席的なものの旅

「わが一番太鼓 旅役者 片岡長次郎」

「わが一番太鼓 旅役者 片岡長次郎」

聞き書き 内山秀治 著 創思社出版 昭和61年1月15日初版

 

f:id:yoyoyosare:20200821143842j:plain


267ページの単行本。一気読み。
旅役者二代目片岡長次郎さんの人生録です。
著者に対して「包み隠さず全部話す」と言って語られたエピソードは、1人の人間の体験とは思えないくらい濃密。

幼い頃に親戚に引き取られ、形見の狭い思いをしながら育った話。
第二次大戦中は満州で軍の通訳官として働き、終戦後捕虜になってから日本に帰るまでの壮絶な体験。
片岡長次郎一座に入り、若手で頭角をあらわし始めた頃、座長の正妻と駆け落ち同然で飛び出し、その後1人なって東京や関西の劇団と転々とし、知り合いの勧めで新国劇のオーディションを受けるも落とされ・・・

大衆演劇の世界で名を馳せた人ですが、舞台一筋ではなく、家族を養うため別の仕事についてはまた幕内に戻る・・・を繰り返していて、なかにはややこしい職業含む^^;

後年にはバラバラだった全国の劇団座長を説得し、初めての全国座長大会を成功させると言う大きな功績を残します。


激しい人生がそのまま詰まっているような顔。
演劇グラフ172号(2015)に載っていた臼田雅宏さん撮影の写真を見たときは釘付けになりました。

 

f:id:yoyoyosare:20200821144630j:plain

臼田雅宏さん撮影 2001年篠原演芸場(演劇グラフ2015年10月号 P18)

 

 

 

©2020 yoyoyosare.