風雪よよよ旅

欲望と妄想

2019年10月観劇メモ

あっという間の1ヶ月
前半はめちゃしんどくてどうしようと思いましたが、最後はなんとか立ってておれた、、ありがとうございます 振り返ると先月より劇場へ行けてた! 嬉しい~

  • 桐龍座恋川劇団@朝日劇場
    多摩川しぶき」「森の石松」「酒の詩 男の歌」
    ハロウィンショー
  • ポエトリースラムジャパン大阪大会@LONG A LONG
    ゲスト赤ちゃん婆ちゃん
  • 劇団荒城@浅草木馬館 真吾一座千龝楽 昼夜でお芝居4本
    「桜餅」「清水次郎長」「三下剣法」「暖簾をくぐれば」
  • 宝海劇団@オーエス劇場
    「呪いの峠」「玉菊灯籠」「人情深川流し」「吹きだまり」
  • 戟党市川富美男一座@木川劇場
    潮田又之丞 元禄槍供養」
  • 劇団紫吹・あがりゃんせ劇場コラボ
    木村勉会長リサイタル
  • 見海堂劇団@明石ほんまち三白館
    見海堂真之介総座長襲名7周年記念公演
    国定忠治 風に向かう者へ」
    夜の千龝楽スペシャルショー
  • 劇団菊太郎@羅い舞座京橋劇場 菊リンピック
    「お里沢市」「花笠文治」
  • 劇団天華@羅い舞座堺東店 千夜祭り
    「紅かんざしのおしん
  • 宝塚歌劇団月組公演「I am from Arstria 故郷は甘き調べ」@宝塚大劇場

 

 

f:id:yoyoyosare:20191103061004j:plain

毎日 宙を舞う宝海大空座長 @オーエス劇場

 

f:id:yoyoyosare:20191103060141j:plain

源義経絵巻物」からのメドレー 宝海劇団

 

源義経絵巻物」がめちゃくちゃ楽しかった

座長の後ろでメンバーが入れ替わり立ち替わり出てきて消えてゆくのですが、インベーダーゲームのような面白さ。合戦の表現をこんな風に舞踊で見せられるってすごい!

 

 

 

2019年09月観劇メモ

色々重なり時間がない1ヶ月で、お世話になっている東京在住の方が、10年ぶり(もっとかも)に関西の劇場に来られるというのに、会いに行けずじまいでした。

  • 長谷川劇団@朝日劇場
    「女ねずみ小僧」・京未来長谷川一馬花形襲名披露特別公演
  • 公開講座猿之助歌舞伎 創造と創造」@京都造形芸術大学 春秋座
  • 都若丸劇団@梅田呉服座 都清華さん誕生日公演「へちまの花」
  • 劇団九州男@箕面劇場「お伊勢帰り」
  • 新派公演@松竹座「黒蜥蜴」「家族はつらいよ」
  • 小林劇団@がんこ座「松五郎懺悔」「明日渡り鳥」
  • 花組むらさき@鈴成り座「お銀片割れ月夜」

 

大きな古時計(おじいさんの時計)三代目小林隆次郎座長

大きな古時計(おじいさんの時計)三代目小林隆次郎座長

今月初めに父が亡くなりました。この曲でお面をつけて踊られることが多いのですが、この日、思いました。これは死出の旅の顔なのかもしれないと。


 

小林劇団 小林真弓リーダー

小林劇団 小林真弓リーダー

リーダーの歌!もう興奮。素晴らしい・・・

 

小林劇団 二代目小林隆次郎太夫元

小林劇団 二代目小林隆次郎太夫

太夫元、舞踊もお芝居も力強い。

 

 

 

大衆演劇のお芝居 苦しくなる言葉

「女にとって嫁いだ先が死に場所だ」

大衆演劇の人情もののお芝居で、よくあるセリフ。

「またこれか…」

こころで思う。

聞くたびに胸が苦しくなる言葉。

こんな言葉があるばかりに、どれだけの女性たちが自由を奪われ、理不尽さに涙を流してきただろうか。

 

人情芝居の名の下に繰り広げられる、あまりにも時代錯誤としか言いようがないセリフや、今で言うところの「ドメスティック・バイオレンス」の表現を見て、お芝居でも看過できない時がある。

全てではないし、お芝居の根本を否定するつもりもない。

演技の問題と、やるならそれなりの解釈が必要だと、言いたいのだ。

 乱暴に、リアルに振る舞うだけならばそれは「演技」じゃない。

「やくざの役と兵隊の役は素人でもできる」

どなたかが言っていたが、本当だ。

「やくざの役と兵隊の役は素人でもできる」に「DVオトコ」も加えたい。

自分より弱い立場の者を叩く、蹴る…

「暴力」を演じる時ほど慎重に考えて演じるべきと思う。

 例えば歌舞伎の「殺し」の場面のような「型」としての表現や、

心理を視覚に見せるやり方があるのは、様式美だけのこととは思えない。

 

大衆演劇の客席の8割は女性。

女性3人に1人が、DV被害の経験者である。

 

百歩譲って・・・

どうか肯定しないでほしい。

受けた側や周りが抵抗するなりしてほしい。

「 昔からやってきた」で済まさないでほしい。

徐々に減らすか、表現を改めてほしい・・・と、切に願う。

 

 

大衆演劇のお芝居 身体からの言葉 2019年8月

大衆演劇のお芝居の何がすごいか。

f:id:yoyoyosare:20190830141812j:plain


「役者の身体にお芝居が入っている」ところ。

先日「男人情花」というお外題を、見ている時に思った。

この日は2人のベテランが頑張る日だった。

何度も観たことのあるお芝居なので、はじめは「これかぁ…」と実は。

しかし、すごかった。

芝居が熱い。厚い&アツい。

ベテラン2人が、互いの面子をかけて演じる、

身体から振り絞るようなセリフ、「情」の表現が。

 

よくあるパターンの、やくざ渡世の義理と人情を描いたもの。

特別に凝った言い回しもなく、おなじみのセリフが続くのだけど、

2人のベテランの身体から絞り出される言葉は、まるで別ものである。

聞いていると、あったまった鍋になったみたいに身体がカッカしてきた。

序幕は様子伺いな感があったけれど、中盤あたりから勢いづき、水かさを増した川の流れのように進んでいく。 

「わたしとこの子を連れて逃げておくれ。たとえ3日、いや、2日、1日、半日でもいい。親子3人、川という字で寝てみたい」


望まぬ結婚で、女にとっては地獄の日々だった。だからもう死ぬつもりで、最後の願いを真に愛する男にぶつけた。

男はようやく「義理」より「情」を選ぶ。

すぐに追っ手がかかる。筆頭には男の弟分。

弟分も「義理」と「情」の板挟み。

 「えい!」


互いに刀を振りかざしては、止め。振りかざしては、また止める。

振り下ろされた刀は、2人の男の間に入った女の身体を貫いた。

「お吉を一人で行かせるわけにはいけねえ」

男は自ら腹を刺した。最後の力を振り絞って、起き上がろうとする男。何をするかと思いきや、手ぬぐいをつかみ、女の亡骸についた血を拭って、愛おしそうに見つめ、、ガクッと絶命する。。。

 

******** 

 

 終演後、今日のこのお芝居、セリフ合わせなしで上演されたと言うのでびっくりした。

「昔めちゃめちゃ怒られながらやってたんでね。やってる間にもどんどん思い出すし」と、弟役の座長。

ひええ。稽古なしであの舞台だったとは…

主役の役者さんも「もう必死やったし」と笑う。

若座長が、彼にとって父と父の先輩の芝居を舞台袖から見て「いつもと違うやり方で勉強になった、思わず泣いてしまった」と明かしていた。

 

ここから先はわたしの読みですが、、、

最後に男が女の身体を拭ったのは、アドリブだったのではないだろうか。

演じているうちに自然にそうした、そんな気がした。

そしてもう1つ。

息絶えた2人を前に、呆然とする弟分の、行動。

着ていた羽織を兄貴分である男にかけようとしたが手を止めて、女の方にかけてやる

どちらも今回でなくても、何度かやるうちに、そうしようとなったのではないだろうか・・・

そんな気がする。

「誰も悪くねえ。バカなやくざ渡世がお吉をこんな姿にしたんだ…」

演じているうちに、出てくる心の言葉。

これが、大衆演劇のお芝居の領分たらしめるところではないだろうか。

セリフは舞台の上で生まれる。 

 

2019年08月観劇記録

8月はきつかった。精神的にかなり参ることがありました。
忙しくて行こうと思っていた劇場に行けず終いに。
月末にやっと気持ちを取り戻せました。
「出来ぬ堪忍するが誠の堪忍ぞ」

 

  • 南條隆とスーパー兄弟@梅田呉服座
    悪の華エピソード0」
    龍美麗総座長誕生日公演「泣いた青鬼」・「花と龍」
  • Bye My Barrier@Kyoto Metro(赤ちゃん婆ちゃん出演)
  • 劇団大川@オーエス劇場 ゲスト沢田ひろしさん「雪化粧」
    「故郷の兄」
  • 嵐山瞳太郎劇団@明生座「信州一羽鴉」
  • うらたじゅんさんお別れ会@かぜのね
  • 藤間劇団@九条笑楽座
    「鯉名の銀平」
    光明亮太郎祭り「素浪人」・新導あき祭り「羽衣情話」
  • 劇団桃華@あがりゃんせ劇場「島帰りの男」
  • 劇団鯱@鈴成り座 陽之介&政次祭り「男人情花」
  • 講演会「日本少女歌劇座の35年」@やまと郡山城ホール
  • ハニカミ!+@日本橋 Pollux Thesater「海りぼっち」

 

 

2019年07月観劇メモ

いろいろ観ました

  • 劇団天虎@羅い舞座堺東店旗揚げ公演「上を向いて歩こう
    ゲスト:司大樹、新導あき、飛雄馬、暁龍麿、なおと(1ヶ月)
    駒澤輝馬(1〜5日まで)
    「五条のかけひき」ゲスト都星矢
  • 都若丸劇団@朝日劇場「大阪情話 涙の餞別」
  • 南條隆とスーパー兄弟@弁天座 美麗の日「壬生義士伝
  • 劇団鯱@梅田呉服座 政次祭り「命の灯」
  • 劇団朱光@篠原演芸場「江戸の夜話夢話」
    若葉しげるさん一人芝居「お母さんの弁当箱」
  • 劇団三ツ矢@大島劇場 ゲスト劇団戸田、北条嵐さん
    「遊侠三代」
  • 一見劇団@羅い舞座京橋劇場
    「男の人生」「我が故郷は情の雨」
  • 劇団あやめ@がんこ座「人情」(?)
  • 劇団天華@千鳥劇場「紅い梅 白い梅」
  • 大衆演劇Bar .K
  • 関西・歌舞伎を愛する会 結成四十周年記念
    七月大歌舞伎@松竹座 夜の部
    芦屋道満大内鑑 葛の葉」
    「弥栄芝居賑(いやさかえしばいのにぎわい)」
    「上州土産百両首」

 

 

2019年06月観劇メモ

劇場通いで、最近、向かい方とか受け取り方が変わったなあと思うこの頃です

  • 正舞座@庄内天満座(旗揚げ公演)
    「夫婦酒」「極楽長屋」
  • H1(法話)グランプリ2019@須磨寺
  • 劇団雪月花@オーエス劇場 鹿島順一劇団客演
    「白磯銀次」「翔一人旅」
  • 劇団新@鈴成り座「雨降る夜に」「この愛貫き我は汝の影となる」
  • 森川劇団@明石ほんまち三白館「姥捨山」「浅草の灯」
  • 藝術学関連学会連合シンポジウム「アマチュアの領分」@国立近代美術館
  • 劇団寿@此花演劇館」(翔聖祭り)
    「母恋吹雪」
  • 賀美座@明生座「悪いやつ」「養子はつらいよ」
  • 満劇団@九条笑楽座
    大日方小とらさん・仁道竜之介さん誕生日公演
    「次郎長外伝・追分三五郎」ゲスト吉原よしかずさん・桂団朝師匠
  • 都若丸劇団@朝日劇場
    「どっちもどっち」
  • SUPER NOVA @箕面温泉スパガーデン一周年記念公演
    「花笠文治」
  • 劇団美山@浪速クラブ
    「うちとおかんと時々おとん」
  • 筑紫桃太郎一座花の三兄弟@新開地劇場
    筑紫桃之助座長誕生日公演「乱蝶みだれ花 籠の鳥」
    ゲスト藤千之丞さん
  • 劇団美鳳@浅草木馬館
    「惚れた女房」
  • 橘劇団@篠原演芸場橘大五郎座長襲名八周年
    「白波小僧 春の淡雪」・大五郎名作七変化パート3
    小月きよみさん誕生日公演「銀のかんざし」
    ゲスト三河家諒さん
  • 京都新選組同好会副長による伏見巡りに便乗参加

 

 

 

 

©2018 yoyoyosare.