風雪よよよ旅

大衆演劇 旅芝居 寄席的なものの旅

「喧嘩屋五郎兵衛」のあざ〜劇団春駒@梅南座 観劇記

「喧嘩屋五郎兵衛」は、大衆演劇の定番のお芝居の1つ。

顔半分に大きなやけどのあと(あざ)がある喧嘩屋一家の親分・五郎兵衛に、大店の令嬢との縁談話が舞い込む。半信半疑の五郎兵衛だったが、仲人の八百屋が「お嬢さんは親分の心に惚れたのだ」と言うものだから、すっかりその気に。

ところが、令嬢が惚れたのは親分ではなく喧嘩屋一家の若いものだった。天国から地獄へ突き落とされた五郎兵衛。怒りがその若いものに向かう。五郎兵衛を慈しむ兄の朝比奈藤兵衛の説得も虚しく、刃渡り勝負に。悲劇が起こる・・・


起承転結がはっきりしてわかりやすく、見せ場もたくさんあり、多くの劇団が演じている。行くと当たる確率が高い^^;それくらい頻回にかけられているお芝居で、親しまれている。

 

さて、五郎兵衛の顔のあざは、右側にあるか左側か。五郎兵衛の最初の登場で決まるのではという仮説を立ててみた。

舞台上手から登場するときは、右側

舞台下手から登場するときは、左側。

どちらも、初登場時にはアザのないきれいな横顔が客席に向くことになる。

わたしが観た感じでは、右側が多い気がする。

 

先月、梅南座で観た劇団春駒の「喧嘩屋五郎兵衛」でも、五郎兵衛のあざは右側にあり、初登場は舞台上手からだった。

何度も観ているお芝居なのに、改めてこの「あざ」にハッとさせられたのが、仮祝言の場面だった。

八百屋に「人間違いだった」と告げられ、ショックを受けるも、仮祝言の準備が整い、客人も集まっている。せめて仮祝言だけでも挙げさせて欲しい、そのあと離縁するからと、八百屋に頼む五郎兵衛。

この時、八百屋が舞台下手からやって来るので、はじめ五郎兵衛は上手に立って話しているのだけれど、途中で、八百屋を上座に座らせ、自分は下座にまわって「この通りだ」と、頭を下げる・・・つまり、あざのある側を客席に向けて頭を下げることに。

ハッとした。

名うてのやくざ一家の看板も、"男"のプライドもかなぐり捨て、全てをさらし、堅気の八百屋に頭を下げているのだ…と、受け取れた。

立ち位置1つで、いつまでも思い出す場面になった。 

 

 

f:id:yoyoyosare:20200521111127j:plain

喧嘩屋五郎兵衛役 劇団春駒 遥座長

 

役者・市川英儒座長(優伎座)の気迫(お芝居編)

今年の3月、鈴成り座。市川英儒座長の誕生日に合わせた特別公演は、

個人舞踊から幕が開いた。

f:id:yoyoyosare:20200426180953j:plain

市川英儒座長 20200324@鈴成り座

「Stay Dream 2012」

これから始まるお芝居のプロローグのような、英儒さん流、命の讃歌だ。

桜春之丞座長(劇団花吹雪)からの贈り物という、夜景をまとうような着物で。

 

 

そして、第2部お芝居。

2時間近くの長尺が、あっという間だった。

 1人の渡世人の一生を追ったお芝居である。

ずっと演りたかったお芝居ですと語っておられて、

兄である市川市二郎座長(劇団三桝屋)が客演で来られていた。

 

英儒さんの役への意気込みがみなぎっていた。

序幕、妻を殺された時の嗚咽。

目に入れても痛くないほど可愛がっていた幼い娘がいないと気づいた時の、狼狽。

第3景、仇を見つけた時の怒声。

娘を探し続けた歳月や飲んだ涙が、全部声になって吐き出され、

聞いているだけで胸が潰れそうになる。

そうして、序幕では若者だった男が、場面ごとに歳を重ね、

大詰めでは年老い、白髪になっている。

ーー 花道から登場、場の空気が一転する。

破れた菅笠をかぶり、とぼとぼと歩いて来る男。

江戸から明治。時代にも取り残され、運命からも見放され。

それでも、愛娘を探すためだけに、生き延びてきた。

眼だけは少年のよう。諦めちゃならねえと、必死で命をたぎらせている。

男はやっと、悲願を果たす。

かつて行きずりの僧に言われた「娘には会えない。お前の命は長くない」

その言葉通り、運命の糸車に翻弄され続けてきたが、

最後まであらがい続けた男の"勝利"である。

男は一人、満足げに震える手でタバコに火をつけて・・・

 

終演後。汗まみれで口上に出てきた英儒さんを、

待ってましたとばかりに、大きな拍手が送られる。

f:id:yoyoyosare:20200427080222j:plain

市川英儒座長 お芝居の扮装での口上 2020.3.24@鈴成り座

笑顔が見えたので、ご本人的にも手応えを感じられた様子だった。

 

お芝居では、市川実蕾さん(劇団華)に惹きつけられた。

28歳。初役とは思えないほど、仇の女役--本当は違うのだが、結果的に仇になるという難しい役--を、演じきっておられた。

娘役の市川静乃さんは、もう、娘そのもの・・・

男が探し求めた"光"そのものだった。

f:id:yoyoyosare:20200427062212j:plain

市川美蕾さん(後)市川静乃さん(前)2020.03.24@鈴成り座

 

市川市二郎座長は、やはり2年前の英儒さんの誕生日公演にも客演されていて、その時のお芝居「忠臣蔵」の、片岡源五右衛門役が忘れられない。

今回のお芝居では大詰めの場、女郎屋の主人。演技が自然すぎて、過去の世界から実在の人物を連れてきたんと違う?と思うくらい、お芝居の世界に溶け込んでいた。

声がまた良いのだなあ。。落ち着いて、張り上げない。のに届く。鍛えられた舞台人の声。

f:id:yoyoyosare:20200427062333j:plain

劇団三桝屋 市川市二郎座長 2020.3.24@鈴成り座

 

観終わった後、もう1回観たい!と思ったけれど、

英儒さんは慎重かつ「特別」を大事にされる方なので、そうそう演られないかもしれない。。

 

f:id:yoyoyosare:20200427062841j:plain

市川家若手大集合 2020.2.24@鈴成り座

 

f:id:yoyoyosare:20200427081551j:plain

シークレットゲスト 朝陽政次座長(劇団鯱)2020.4.24@鈴成り座

 

f:id:yoyoyosare:20200427081656j:plain

優伎座メンバーとゲストによる群舞 2020.4.24@鈴成り座

 

早く書かないと忘れる(ネットへのアップは4月以降ならばOKとの座長のお言葉)と思いながら、1ヶ月も経ってしまい、部分部分になってしまったけれど、メモを追いながらなんとか書けた。

書いておきながら、恐れ多く、ドキドキしている・・・


役者・市川英儒さんは、いまだずっと遠い遠い存在である。

 

 

f:id:yoyoyosare:20200427063004j:plain

市川英儒座長 女形 2020.4.24@鈴成り座

 

 

  

 

役者・市川英儒座長(優伎座)の気迫(舞踊編)

舞台人の特徴を表す際によく「華がある人」などと言われる。

明るい。存在感がある。華やかである。

自分が舞台人ならば、そんなふうに評してもらえたら嬉しいかもと思う。

 

わたしがいつも惚けて観ている役者・市川英儒座長(優伎座)は、どちらかと言うと影のある人で、目立つのは好きではなく、前に出るのを避けているように感じる。

モノトーンで、冷やりとしたイメージ。

とても不思議な光のある人だ。

光と影の両方が強い。

板の上で生きるという宿命を、自らに課した人だと、観ていて感じる。

舞台に捧げ尽くし、お客さんに捧げ尽くすような芸。

毎回、舞台から客席に向かってダイブしているように思うのだ。

 

立ち舞踊の英儒さんは、1970〜80年代のグラムロッカーのようである。

例えば、この出で立ちで「三線の花」というのが、エキセントリックですごく英儒さんらしい。

f:id:yoyoyosare:20200426163339j:plain

市川英儒座長 20170702@羅い舞座京橋劇場

いつも曲の中に完全没頭し、全身でその曲の世界を表現する。

それは時として、ベタなほどのアクションに。

なのに、どこか冷静で厳格で、、心の熱い部分とせめぎ合っているような。

f:id:yoyoyosare:20200426163442j:plain

市川英儒座長20170702@羅い舞座京橋劇場

叫んではいないのに、聞こえるような気がする。

渾身の仕草で胸をどん!と叩くので、こちらの胸も、どん!と響く。

倒れるまで踊る!そんな覚悟が見えるから、

憑依されて、自分も踊っているような気持ちになる。

この時の客席は熱狂で、わーっと叫んで、泣いてる人もあった。

泣かせる舞踊じゃない。なのに、わたしも途中から泣いていた。

 

 

可憐な女形に定評がある。

f:id:yoyoyosare:20200426163755j:plain

市川英儒座長20170409@八尾グランドホテル

女形では斬新な出で立ちはしない。

古風なこしらえで、ショーのうち必ず1曲、
客席から下駄をカラコロ響かせて登場する。

 

赤使いにこだわりを感じる。

f:id:yoyoyosare:20200426164814j:plain

市川英儒座長20160728@羅い舞座京橋劇場

白い着物で、最後に襦袢の赤をバッと見せる。 


 

古典舞踊では、一転、キリッと古典の顔になる。まるで習いたての少年のように。

f:id:yoyoyosare:20200426164412j:plain

市川英儒座長20151212@オーエス劇場

 袴踊りの「大江戸かわら版」。

英儒さんの赤穂義士の表現には、若い哀愁がある。

ふたたび瓦版売りに戻って「武士の情けに泣いとくれ」 と、
愛嬌たっぷりに泣き真似して、腕の隙間から客席を見て、くすっと笑う。

この時の笑顔はとてもずるい(かっこいい)。

 

歌の心と、独特のロックスピリットが、そこにある。 

 

 

*過去の写真を整理してピックアップしたので日付がだいぶ遡っていてすみません

 

 

「大道芸〜演者と観客のかけひき」2016年のみんぱく特別講演聴講メモ

(過去の書類を整理して電子化するシリーズ)
2016.9.8〜 2016.10.29 国立民族博物館で催された特別展「見世物大博覧会」の関連企画、鵜飼正樹さんによる特別講演の聴講メモより。

 

日本の大道芸をめぐる歴史

幕末〜明治初期 都市の盛り場で盛んに大道芸が演じられる(外国人による記録あり)

1960年以降 道路交通法の施行 大道芸にとって受難の始まり 交通事情の悪化 交通の妨害になる 許可制

1990〜2000年代 大道芸イベント、大道芸ライセンス制(ヘブンアーティスト

 

大道芸とは

「芸の内容」または「芸を演じる場・環境」で定義するのか?

=「演じる場・環境」で定義するとする

  1. 路上・広場など、屋外で演じられる
  2. 舞台と客席が、明確に区分されていない
  3. 芸を演じる前に料金などを徴収しない(お題は見てのおかえり)

 

大道芸の事例

ギリヤーク尼ヶ崎 1930年函館生まれ 

雪竹太郎 1969年 福岡生まれ

 

演者と観客とのかけひきという視点から大道芸を見る

屋外→環境の影響を受けやすく、観客が集中しにくい

演者と観客の距離が近い 境界を作る

入場料を取らない 足を止めさせ、最後にもらう

=駆け引きという要素が強く現れる。非常に面白い

 

準備・支度から大道芸は始まる

「芸」だけではない(ギリヤーク)

楽屋がないため、丸見え

物を置く=自分の場所を作る

期待感を煽る 人だかりは人を呼ぶ

 

大道芸は言葉に頼らない

マイクがない 声が届きにくい 

聴覚を遮断することにより、視覚に集中させる

 

大道芸はその場、環境、ハプニングを芸に取り込む

ノイズが多く、ハプニングはつきもの

それらを取り除くのではなく、芸の中に取り込んでしまう

失敗しないことよりも、失敗をどうフォローするか

 

観客を参加させる

距離が近く、あらが目につきやすい

一緒に楽しむ(ギリヤーク「よされ節」、雪竹太郎「ゲルニカ

 

演者が客席に飛び出す 

たった1本のチョークの線

「境界線」を壊すことで効果を生む

(「念仏じょんがら」、「ムンクの叫び」)

 

大道芸は最後にお金を取る

入場料によって予め囲い込めない

どのようにして気持ちよくお金を出させるか 

投げ銭徴収タイムは素顔での交流の場でもある

 

まとめ

大道芸は、舞台で演じられる芸より、1段劣ったものと見られがち
実際、環境としては劣悪と言っても良いかもしれない
しかし、大道劇人はハンディを逆手に取り、独自の演出法を工夫してきた
舞台に立てない芸人、テレビに出られない芸人が、仕方なく大道を演じていのではない
舞台え演じられる芸より1段劣った芸ではなく、独自の演じ方、楽しみ方ができるジャンル

大道芸を観に行こう
街角空間が豊かになる 人が溜まる=豊かになる

 

 

 

 

 

 

朝だ 芝居だ 緞帳を開けろ

朝だ 芝居だ 緞帳を開けろ
小屋じゃお客が待っている
袖で手を振る恋女房に
照れて笑って 見得を切る
五十年 五百年
小屋じゃこうして 小屋じゃこうして
生きてきた
(「浜唄」の替え歌で)

 

大衆との接点をさがしつづける ”貧乏の美学”〜大衆演劇とは(『旅姿 男の花道』より)

(ショーと演歌) 

では、大衆演劇と演歌は一体どうむすびつくのだろうか。大衆劇団にはなじみぶかい『釜ヶ崎人情』『花街の母』や、大衆演劇のテーマソング『お手を拝借』(船村徹作曲)を作詞したもず唱平は、門外漢であるとことわりながら、

「見せようとする芸術ではなく、見ていただく芸そのものを思考する大衆劇団の舞台には、大衆との接点をさがしつづける、僕の作詞の勉強をさせてもらっている。レコード業界が皮膚感覚をうしなう傾向にあり、演歌がその方向に追随する現在、大衆演劇のすべてを肯定しないが、観客の心をひたすら取りこもうとしする姿勢一点をみても、もっと評価されるべきだ」

と、語っている。また、作曲家の大野正雄は、『邦楽大阪・第四号』の「歌・演歌とは」と題するエッセイに、

「演歌とは即ち”貧乏の美学”なのである。日本の大部分の庶民は昔から、また戦前戦後を通じて皆貧乏だった。その貧乏な生活環境に起きる友情、恋愛、人情の機微といったものの美しさや哀愁を歌ったものが演歌なのである。したがって演歌というからには、必ず何らかの意味で貧乏という背景がつきまとっている」

と、定義づけている。この文章の演歌の箇所を大衆演劇と置きかえても、文意は見事に通じる。(中略)大衆演劇と演歌は、そのアナーキズム的な発生、漂泊、愚直さの背景、送り手のはすかいにかまえる思い入れにおいて、十分にかさなりあう。そんな気がする。

 

(橋本正樹著 『旅姿男の花道』1983 白水社 P.186より)

 

 

 

贖罪の意識

(殺人の罪で服役している人のこと)

一般的に言うと、殺人犯というのは、気が短い人間だと思われがちだが、寮内工場で出会った人たちは、そうではなかった。殺人罪で服役している8人全てが、温厚でおっとりした性格の持ち主だった。耐えに耐えて、忍びに忍ぶので、その挙句に、人を殺めてしまったのであろう。彼らは、たびたび、たちの悪い収容者からの苛めを受けていた。 「おい、人殺し。俺、生きていくのが嫌になったんで、今度、俺を殺してくれよ。一人殺すのも、二人殺すのも一緒だろ」  

 こんな挑発にも、彼らがそれを相手にすることは、ほとんどなかった。

 さらに言うと、殺人を犯してしまった者たちは、他の同囚と比べ、罪を償うという意識が非常に強かった。したがって、作業に取り組む姿勢や日常生活における態度も、きわめて実直であり、指導補助の立場からすると、手がかからない人たちでもあった。逆に、軽微な罪で服役している者ほど、わがままが多く、世話が焼けた。「ションベン刑の収容者には近寄らないほうがいい」という教育訓練工場の指導補助が言った言葉が思い起こされる。

 山本譲司著「獄窓記」第3章「塀の中の掃き溜め」より(P268〜P269)新潮文庫

 

 

©2020 yoyoyosare.